鍵屋の豆知識

鍵にまつわるお役立ち記事を掲載しています

【玄関・引き戸の鍵】後付けできる、補助錠・簡易錠の紹介
投稿日 2021.01.20
更新日 2021.01.20
【玄関・引き戸の鍵】後付けできる、補助錠・簡易錠の紹介
【目次】

    鍵が壊れてしまったり、家の防犯性を上げたい等の理由で、新しい鍵・補助錠を付けたいと考えている方がいらっしゃると思います。しかし、現在では引き戸の住宅は年々減少しており、引き戸の家で新しい鍵や補助錠を付けるにはどうすれば良いのか、紹介しているサイトが少ない状況です。

    そんな状況にお困りの方に向けて、今回の記事では引き戸に鍵を追加するにはどうすれば良いのか、どんな事に注意すれば良いのかをご紹介していこうと思います。この記事を読むと、引き戸の鍵を追加で増やしたいときに、正しい判断ができるようになるので、是非参考にしてみてください。

     

    引き戸の鍵の紹介などは不要で、直ぐに鍵交換を依頼したい方はお電話でご依頼いただくか、以下のカギ本舗のサービス紹介ページをご確認ください。

     

    引き戸に付いている鍵の名称

    一般的な引き戸には2種類の鍵が付いていることが多いです。以下の画像では①と②の鍵穴がついており、見た目は同じですが機能が違うため名称が分かれています。

    引き戸の鍵の名称

    画像の両端についている①の鍵が戸先鎌錠、もしくは戸先錠と呼ばれているものになります。本記事では戸先鎌錠と呼びます。

    また、2枚のサッシの中央についている②の鍵が引違戸錠、もしくは召し合わせ錠と呼ばれています。本記事では引違戸錠と呼びます。

     

    後付けできる鍵の種類

    防犯を考えたときに、鍵穴を増やすことで防犯性を高めるというのは一般的な対応です。しかし、現在の住宅環境では開き戸が主流の為、引き戸用の補助錠が見つけられないという方が多いようです。引き戸用と書いてあっても、自分の家の扉に対応しているか分からないという方もいらっしゃるようなので、ご紹介していきます。

     

    補助錠

    ・ドアやドア枠に穴を開けるタイプの補助錠

    ・粘着テープ・ネジタイプの補助錠

     

    新規取付

    ・戸先鎌錠を新規に取り付ける

    ドアの厚み、サッシ表面の金属の厚みや素材などによって取り付けできる鍵が限られ、扉への掘り込みの寸法がシビアで難易度が高い作業になります。加工費が上がるため、交換費用、新規取付費用も高くなりがちです。自分で鍵を交換・追加する場合も、一番失敗しやすい部位になるでしょう。

     

    ・引違戸錠を新規に取り付け

    ドアの厚みさえ適合すれば、ほとんどの引違戸錠が取り付けできます。ドアに開ける穴の位置さえ失敗しなければ問題なく取り付けできます。戸先鎌錠に比べ、難易度は低いです。

     

    戸先鎌錠、引違戸錠、どちらの新規取付をする場合も、扉への加工が必要な作業になるため、業者に依頼をすることをお勧めします。

     

    ドアやドア枠に穴を開けるタイプの補助錠

    ドアやドア枠に穴を開けるタイプの補助錠

    ドアやドア枠に穴を開けるタイプの補助錠の場合、メリット・デメリットは以下になります。

    メリット

    ・外出時に外から鍵をかける事ができるタイプもある

    ・扉や窓枠に固定している為、防犯性は粘着タイプより高い

    ・経年劣化で補助錠が落下する心配がない

    ・外から見えるタイプの場合、防犯性のアピールに繋がる

     

    デメリット

    ・穴を開ける為、扉や窓枠の素材により難易度が変わる

    ・鍵部分の脱着で鍵をどこに置いたか忘れてしまうことがある

    ・穴を開けるのを失敗すると取り返しがつかないことがある

     

    お薦めの鍵

    ・GOAL MS-5 面付本締鎌錠 ツーロック

    ドアの戸先側に18mmの穴を開けて、ドア枠にストライクを設置すれば取り付け可能で、初心者でも比較的簡単に取り付けできます。穴開けに失敗しないように本体と一緒に型紙が入っているので、その通りの寸法で取り付ければ良いのが嬉しいところです。ドアの左右を気にせず取り付けることができます。

     

    ・WEST 万能面付鎌錠 430

    ドアの戸先側に設置する、防犯に安心なディンプルキーを採用した補助錠です。室内側のサムターンも大きく、高齢者でも操作がしやすいことが特徴です。また、外観もがっしりしているため、防犯をしっかりしているなという印象を与えることができます。

     

    ・Kaba star neo 6700E

    KabaStarNeo6700E

    ドアの戸先側に設置する、優れた防犯性能を持つ 補助錠です。ピッキングはもちろん、鍵穴を壊しての開錠に優れた耐性を持ちます。セーフティサムターン機能を持っており、不正なサムターン解錠を防いでくれます。室内側からも鍵を使ってサムターンをロックできるので、徘徊防止用の鍵としても優秀です。難点としては、ほとんどの鍵屋が在庫として常備していない事と、値段が他メーカーの補助錠よりも数段高くなることが挙げられます。

     

    粘着テープ・ネジタイプの補助錠

    粘着テープ・ネジタイプの補助錠の場合、メリット・デメリットは以下になります。

    メリット

    ・簡単に設置可能

    ・設置に失敗してもやり直しができる

    ・使わなくなって取り外すときも傷跡をつけずに、もしくは少ない傷跡で取り外しできる

    ・自分でできるため交換費用が安く済む

     

    デメリット

    ・室内側から鍵を閉め、外に鍵穴がないものが多い

    ・経年劣化で補助錠が落下する、もしくは位置がずれる可能性がある

    ・強度が穴を開けるタイプよりも劣ることが多い

     

    お薦めの鍵

    ・日中製作所 190-U,191-U,198-U

    日中製作所191-U

    引違戸錠の横にネジと両面テープで取り付けます。工事はなく、ネジでドアに取り付けるだけなので、素人の方でも取り付け可能です。施工が少ない割に、外からの施錠・解錠ができるので有用な商品です。難点としては、毎回鍵を開けるときに、鍵穴をドアから取り外さなければいけないことが面倒なところが挙げられます。

     

    ・ワンタッチ・シマリ

    ワンタッチシマリ

    ワンタッチ・シマリという商品は窓用の補助錠ですが、目的が合致すれば、有用な商品となります。内側からしか鍵がかけられず、大人が力を加えれば外れてしまいますが、ペットや子供の脱走対策として考えるなら有用です。注意点としては、引き戸同士のドアの隙間が狭いと、ワンタッチ・シマリがぶつかって施錠していない状態でもドアが開かなくなってしまうので、注意しましょう。

     

    自宅の鍵と補助錠の鍵を持つのが面倒な場合は

    防犯性を高めたいから補助錠を増やしたい。そうは分かっていても、補助錠を増やすと家に入るときに鍵の開け閉めが面倒だったり、鍵が増えたことによって紛失のリスクが増えたりと別の問題が起きてきます。

    しかし、スマートロックなどのキーレスの鍵であれば、暗証番号、ICタグ、スマホなどで鍵の開け閉めができるため、鍵を持ち歩かなくてもよくなります。面倒ごとがなく、補助錠の良いところだけを使うことができます。ただし、引き戸はガラスなどがはめ込まれて設置スペースが確保できないことがあるので、設置条件をきちんと調べるか、業者に依頼して見積りをとってもらうことが重要です。

     

    お勧めのキーレスの鍵

    ・EPIC TOUCH HOOK2

    EPIC_TOUCH_HOOK2

    引き戸用の電子錠です。電池式なので、配線工事をすることなく取り付けができます。引き戸に凹凸がある場所や、ガラスがある場所に取り付けようとすると難しいですが、それ以外の場合はほとんどの場合問題なく設置できます。鍵を使わないためピッキング被害にあうこともなく、テンキーや付属のICタグで開けることができるのが嬉しいところです。

     

    業者へ依頼した時の相場

    カギ本舗では以下の価格にてご対応させていただいております。

    引き戸の鍵修理費用

    作業内容 料金(税込)
    修理(軽作業) 8,800円~
    修理(中作業) 16,500円~
    修理(高度技術) 33,000円~
    鍵抜き 8,800円~
    シリンダー組み換え 22,000円~

     

    ・引き戸の鍵交換費用

    作業内容 料金(税込)
    引き違い扉の錠前全体の交換 16,500円~ +部材費別途

     

    引き戸への補助錠の新規取付費用

    作業内容 料金(税込)
    引き戸への補助錠の新規取付 16,500円~ +部材費別途

    新規取付の場合、お客様の家についている扉がそれぞれ異なるため、それぞれに合った加工をする必要があります。そのため、扉の素材や加工内容で多少お値段が前後する場合があります。

     

    上記に書かれている作業以外にも、鍵に関わる事なら何でも対応できますので、是非ご相談ください。

     

    まとめ

    引き戸に設置できる補助錠についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?外部からの防犯として補助錠をつけたい場合は、しっかりと取り付けのできるドアやドア枠に穴を開けるタイプの補助錠を付けて、室内から子供やペットなどの脱走を防ぎたい場合は、気軽に取り付けできる粘着テープ・ネジタイプの補助錠を付けると良いかと思います。それぞれ難易度が違うので、自分で取り付けられそうでしたら、安く補助錠の取り付けができると思います。逆に不安だったり、専門業者の手でしっかりと取り付けて防犯性を高めたい場合は鍵屋に相談すると良いでしょう。カギ本舗でも引き戸への補助錠の取り付けや、錠前の新規取付を行っていますので、是非ご相談ください。

    Sending
    User Review
    0 (0 votes)
    The following two tabs change content below.
    Avatar

    藤原

    カギ本舗で作業員、兼作業員の教育を担当をしている藤原です。 皆さんの鍵のトラブルをいち早く、安心して解決できるよう取り組んでいます。

    よくあるご質問

    Q自分で商品を購入して取り付けたいのですが、電話で相談してもいいですか?
    申し訳ございません。電話やメールでのお問い合わせ窓口は、交換や新規取付の作業依頼のみ承っております。 商品のご購入に関するご相談や設置に関するご相談は、商品のメーカーなどにお願いいたします。
    Q引き戸に開き戸用の補助錠を取り付けることはできますか?
    引き戸と開き戸では、扉が動く方向が異なります。そのため、基本的には開き戸用の補助錠は、引き戸には取り付けても施錠することができません。ただし、ただし、デッドロックという部分が鎌のようになっている物の場合は施錠ができます。 例えば、引き戸に面付錠を付けても施錠できませんが、面付鎌錠なら施錠ができ、補助錠として機能します。
    Q作業を依頼した場合、すぐに補助錠の設置が可能でしょうか?
    お客様の住宅環境によって、取り付けできる補助錠は異なります。 作業員の車に補助錠を積んでいるので、その中で対応できる場合は当日中に対応可能です。 適合する補助錠がない場合は、発注後に後日作業となります。
    Q自分で取り付けをしたのですが、上手く鍵が動きません。作業の途中からでも鍵をつけてもらうことはできますか?
    はい、作業の途中からでも対応可能です。 ただし、お客様が行った扉の加工は修復できないことが殆どなので、扉に加工を施した場合はお電話の段階でお知らせください。

    記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです!