鍵屋の豆知識

鍵にまつわるお役立ち記事を掲載しています

車のスマートキーのスペアはどこに依頼する?費用と対応スピードを比較
投稿日 2020.08.12
更新日 2020.08.12
【目次】

    車の鍵には様々な種類がありますが、中でもスマートキーは鍵をポケットやカバンに入れたままで車のドアの施錠や開錠ができるので人気です。

    鍵穴に鍵を差し込む必要がないので便利ですが、スマートキーを利用する際にはスペアキーを準備しておくと安心です。

    スペアキーの作り方や費用、複製にかかる時間などを詳しく解説しますので参考にしてください。

    カギ本舗に鍵開け・鍵作製についてご質問がある方は、 直接お電話にてお問合せいただくか 、記事の最後にある『カギ本舗の鍵開けサービスの紹介』『カギ本舗の鍵作製サービスの紹介』をご覧ください。

    スマートキーとは?どこに依頼できるの?

    スマートキーとは、持っているだけで車のドアにロックをかけたり外したり、エンジンをかけることができる鍵を指します。スマートキーと混同されがちなのが、キーレスキーです。キーレスキーは、キーについているボタンを押すことで車のドアのロックと開錠ができる鍵であり、リモコンキーとも呼ばれています。スマートキーの場合はボタンの操作も必要ありません。ポケットの中やバッグの中に入れたままで開錠施錠が可能です。ドアの開錠施錠のアクションは車のメーカーによって異なります。

     

    ドアに近づくだけで自動的に鍵が開きドアから一定の距離離れると鍵が閉まるタイプのものや、ドアノブに触れることで鍵を開けたり閉めたりできるタイプもあります。近づくだけで鍵の開閉ができるタイプのスマートキーは、鍵を使用できる有効範囲半径がドアから1メートル以内に設定されていることがほとんどです。そのため車に接近する必要があり、いきなり知らない人にドアを開けられるようなトラブルが起きにくくなっています。スマートキーはエンジンをかける際にも、鍵穴に鍵を差し込む必要がありません。車内にスマートキーがある状態でエンジンスイッチを押すだけでOKです。

     

    スマートキー
     

    非常に便利なスマートキーですが、各メーカーによって名称が異なります。トヨタではスマートエントリー&スタートシステム、日産はインテリジェントキーシステム、ホンダはHondaスマートキーシステム、マツダはアドバンストキーレスエントリー&スタートシステムです。その他のメーカーでもスマートキーに独自の名称を使用しています。メーカーの中にはスマートキーの名称にキーレスという単語を使用している場合もあるので、スマートキーなのかキーレスキーなのかわかりにくいこともありますので注意してください。

    その他の注意点としては、スマートキーは電波を利用して鍵を開閉を行うため電池を使用するという点です。

     

    スマートキーの電池
     

    内蔵している電池が切れてしまうと操作ができなくなってしまいますので、バッテリー切れには気を付けましょう。電池が切れてしまった場合には電池を新品に交換するか、スマートキーの内部にある金属製の鍵を使用します。スマートキーは面倒な操作をカットできるため便利なシステムですが、特殊な鍵のためスペアを作る際に時間がかかります。家などでよく使用される通常の金属の鍵であれば即日での複製が可能なことが多いですが、スマートキーは数日、または1週間程度かかることが一般的です。スマートキーはスペアキーを作るのに時間がかかるため面倒だと感じる人もいると思います。しかし、それだけ鍵のコピーが作りにくいということであり防犯性が高い優れた鍵なのです。防犯性が高いため、車だけではなく玄関のカギとしても利用する方が増えています。スマートキーの複製には時間がかかりますので、急にスペアキーが必要になったときに困らないように、余裕をもってスペアキーを準備しておくと安心です。

    スマートキーのスペア作成は、鍵屋やディーラーでおこなっています。鍵屋は鍵の専門家であり、様々な鍵の複製やトラブルに対応できるのが魅力です。また車のある場所がどこでも迅速に駆けつけることができるので、外出先でスマートキーを紛失して困ったときなどでもしっかり対応できます。ディーラーは車の取扱店なので、スマートキーの複製も可能です。ディーラーで作成するスペアキーは純正キーだということがポイントです。純正のため、車を購入した際に渡される最初のマスターキーと同じ精度の鍵になります。

    スペア作成費用と対応スピードの速さで比較

    スペア作成費用と対応スピードの速さで比較
    スマートキーのスペアキーを作成する場合の費用と対応スピードは、鍵屋とディーラーで異なります。鍵屋とディーラーでスペア作成費用と対応スピードの速さについて比較していきます。スマートキーのスペアを作る場合には、イモビライザーを搭載しているかどうかによっても料金が変化するのが特徴です。イモビライザーとは防犯システムのことで、鍵の内部にイモビチップという小型ICチップを内蔵しています。このICチップにはIDコードが入力されていて、車本体に登録されているIDコードと一致しないと鍵を操作することができません。スマートキーシステムのIDコードには高度な暗号技術が施されているため、不正な鍵のコピーはほぼ不可能だといわれています。イモビライザー搭載のスマートキーは車上荒らしや乗り逃げなどのトラブルに強い鍵です。また鍵屋は業者によって価格が異なりますので、スペア作成を依頼する際には鍵屋とディーラーの両方に相談するのがベストです。

     

    スペア作成費用の比較

    スマートキーのスペアキーを作る場合、鍵屋では業者によって価格が異なりますが国産車で20,000円~50,000円ほどです。イモビライザー搭載タイプの場合には、国産車で50,000円~100,000円が価格の目安になります。イモビライザーを搭載しているスマートキーの場合には、ただ鍵を複製するだけではなくシステムを初期化したり、再設定が必要だったりするため比較的高額な料金になるのが特徴です。また外国産の自働車の場合には、日本では必要な部品が手に入らないというケースもあります。その際には海外からの取り寄せになり、国産車よりも2倍から3倍のコストがかかり10万円以上することがあります。

    ディーラーにスマートキーのスペアを依頼した場合、メーカーによって価格が異なります。また車種によっても価格が変わりますので、車の購入時にスペアキーを作りたい場合にはどのくらいの料金がかかるかディーラーに確認しておきましょう。イモビライザーのないスマートキーは5000円~30,000円の価格帯で対応しているメーカーが多いです。イモビライザーが付いているスマートキーは、20,000円~40,000円でスペア作成できます。

     

    スペア作成スピードの比較

    鍵屋にスマートキーのスペア作成を依頼すると、業者や車種によって時間が異なりますが平均して即日~1週間ほどかかります。高度な技術を駆使して防犯性を高めている鍵のため、スマートキーの即日作成に対応している業者は少ないです。しかし高い技術を持つ鍵屋も増え、中にはその場で対応可能な業者もいます。鍵屋にスペア作成を依頼する場合には、どのくらいの日数がかかるかを確認しましょう。イモビライザー搭載タイプの場合には、登録をやりなおすなどの作業が必要になることもありますので、さらに日数がかかることもあります。

    ※「カギ本舗」では、スペアキーの作成、イモビライザーの書き換え作業等ほぼ全て、即日対応が可能です。

     

    ディーラーにスペアを作ってほしいと依頼した場合には、メーカーや車種、グレードによっても必要な日数が異なります。作成にかかる時間の目安としては2日間~数週間と比較的時間がかかることが多いです。純正のスペアキーでの対応になりますので時間がかかります。使用するパーツが純正のため、取り寄せなどで時間がかかるのです。またディーラーはあくまで取り扱い販売店ですので、ディーラー側ではスマートキーのシステムの初期化や登録を行っていない場合があります。技術を持ったスタッフが常駐していれば早い対応が望めますが、それ以外の場合には時間がかかると考えたほうが無難です。

    スペアが必要な理由! こんな時はスペアキーが活躍

    車の鍵は、財布やスマホと並んで落としたり、置き忘れたりすることが多いアイテムです。

    特にスマートキーは、すぐに合鍵を作ることが難しい鍵ですのでスペアキーをあらかじめ準備しておくと助かります。

    スペアキーが必要になる理由を、シーン別に詳しく紹介します。

     

    スマートキーをなくしたとき

    スマートキーをなくしたとき
     

    スマートキーはコンパクトなので、いつのまにか紛失していることが多いです。外出しているときに鍵をなくしてしまうと、車を動かすことができないため非常に困ります。

    鍵がないことで慌ててしまいますが、動揺したまま鍵を探し回るのは危険です。鍵を見つけようと下を見たまま歩いたり、注意力が散漫になったりしていますので思わぬケガや事故につながりかねません。落とした場所や置き忘れた場所に心当たりがあり、すぐに発見できれば問題ありませんが、見つからない場合には警察に届けをするなどの対応が必要です。このような時でもスペアキーがあれば、ひとまず車を動かすことができます。

     

    スマートキーの充電が切れたとき

    スマートキーの充電が切れたとき
    鍵を持っているのにドアが開かないというときには、スマートキーのバッテリー切れが原因だということがあります。そのような場合にはスマートキー内の電池を交換するれば大丈夫です。自分で電池を交換することも可能ですが、鍵のタイプによっては細いドライバーが必要になります。ドライバーなどの工具がなく、また近くに電池を購入できるお店などもない場合には電池交換は困難です。スマートキーは電子キーですが、中に非常用の金属の鍵が入っています。この鍵をメカニカルキーと言いますが、これを使用すればドアを開けることが可能です。ただしメカニカルキーで鍵を開けた場合、車種によっては警報システムが作動して警報音が鳴ることもあります。

     

    スマートキーが充電切れを起こしたときには、以上の様々な対処方法がありますが、スペアキーがあればもっと早く解決することが可能です。特に急いでいるときなどには、電池を買いに行ったり交換する時間がないということも考えられます。また使い慣れていないメカニカルキーを使用するよりも、スペアキーを使用するほうがスムーズです。予備の鍵があれば、すぐに車を使用することができるのがメリットです。

     

    雨や水没で鍵が動かないとき

    スマートキーは電子キーであり、精密機器のため些細な衝撃や水濡れなどで不具合を起こすことがります。スマートキーの多くは防水機能が備わっているので、多少の雨などで濡れるくらいでは故障しません。しかし鍵を落としたり、ぶつけたりしてヒビなどが入っている場合には雨が鍵の内部にまで入り込み壊れてしまうこともあります。またよくあるのがポケットに入れたまま洗濯してしまったり、うっかり水没させてしまうケースです。スマートキーの防水は生活防水機能ですので、水没には対応していません。また水没したスマートキーは漏電やショートするリスクがあるため、ボタンを押すなどの動作はしないほうが安全です。水没した場合には、そのまま十分に乾かしてから鍵屋かディーラに相談してみましょう。場合によっては乾燥後に問題なく使えるというパターンもありますが、水没が原因で時間がたってから鍵が使えなくなる危険性もあります。水没した場合には一度、修理点検を行っておくほうが安心です。スマートキーが水没などで動かなくなった場合には、新しい鍵に交換する必要もありますのでスペアキーを用意しておけば安心です。

    スマートキーの複製はカギ本舗へ!

    スマートキーは施錠や開錠の手間がいらず簡単なため人気のシステムです。防犯性も高く、盗難などのトラブル防止にも役立っています。スマートキーはスペア作成に時間がかかりますので、万が一の紛失や故障に備えて事前にスペアキーを用意しておくのがおすすめです。「カギ本舗」は、国産車メーカー全てに対応している、車の鍵の対応に強い出張鍵屋です。他社では断られた鍵の複製も対応致します。

    是非ご連絡お待ちしております。

    Sending
    User Review
    5 (2 votes)
    The following two tabs change content below.
    Avatar

    藤原

    カギ本舗で作業員、兼作業員の教育を担当をしている藤原です。 皆さんの鍵のトラブルをいち早く、安心して解決できるよう取り組んでいます。

    記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです!