鍵屋の豆知識

鍵にまつわるお役立ち記事を掲載しています

日産のインテリジェントキー、スマートキーをなくした!ディーラーや鍵屋に依頼した時の費用と納期について

投稿日 2022.09.19
更新日 2023.11.08
日産のインテリジェントキー、スマートキーをなくした!ディーラーや鍵屋に依頼した時の費用と納期について
【目次】

    最近の車では、従来の鍵を差し込んでエンジンをかけるタイプではなく、ノブを回したり、ボタンを押すだけでエンジンをかけられる車が増えてきました。日産の車でもスマートキー(インテリジェントキーシステム)が主流になってきており、どんどん便利になっています。

    便利な反面、いざスマートキー、インテリジェントキーを失くしてしまった時に、誰に依頼をすれば復旧してもらえるのか分からないお客様が多くなってきました。今回の記事では、スマートキーを失くしてしまった際に、誰に依頼して復旧すれば良いのか、費用や納期はどの程度になるのかをご紹介します。記事は5分程度で読めますので、日産のスマートキー、インテリジェントキーをなくしてしまった方は参考にしてください。

    スマートキー、インテリジェントキーを作成するための費用の相場感等を知りたいという方は本ページの下部でご紹介しています。

    詳しい話を聞きたい、すぐにでも鍵開けや鍵作成の依頼という方は、カギ本舗にお電話ください。基本的にご依頼いただいた当日中に復旧いたします。

    カギ本舗への電話相談はこちらの画像をクリック

    日産の鍵をなくした場合は、誰に依頼すれば良い?

    日産の鍵を失くしてしまった際、誰に依頼をするのかで、納期は数週間、値段は数万円変わってきます。ここでは、皆さんの状況別にオススメの方法をご紹介します。まずは作業内容ごとにどの業者がオススメなのか表でご紹介します。

    鍵をなくした時にどの業者に頼むのが良いか

     

    以下にオススメする理由など、細かい内容をご紹介しますので、気になる方は確認してください。ページ下部ではディーラーと鍵屋の具体的な費用感、納期などをご紹介しています。

     

    エンジンがかかる鍵が一本も無い場合

    エンジンがかかる鍵が一本も無い場合

    スマートキーが手元に一個も無い場合は、その場で業者を呼んでスマートキーを作成するか、レッカーで車を移動して後日復旧作業をすることになります。スマートキーを復旧させる場合、費用が数万円かかるので、多少遠くてもスペアキーがある場合は、スペアキーを取りに行った方がお得です。スペアキーが一本も無い場合は、どんな作業を誰に依頼した方が良いのかご紹介します。

     

    ①スマートキー、インテリジェントキーを作成したい場合

    スマートキー、インテリジェントキーを作成したい場合は鍵屋に依頼をするのがオススメです。ディーラーの方が多少安く済む可能性がありますが、鍵屋の方が当日中に対応でき、条件によってはディーラーよりも費用が安く済む場合も多いからです。以下では詳細なメリット、デメリットをご紹介します。

    ディーラーに依頼してスマートキーを作成する
    ディーラーに依頼した場合はディーラーの敷地内に車をレッカー移動させ、鍵を発注してから数日から数週間後に復旧させることになります。当日中に対応はできませんが、鍵屋と比較すると、費用が安く済む場合が多いです。ただし、レッカー代などが追加でかかってくるため、距離によっては鍵屋に依頼するのと同じか、それ以上の費用になることも多々あります。ディーラーから近い場所に車があり、納期がかかってでも費用を安く済ませたい場合は、ディーラーに依頼をすると良いでしょう。
    鍵屋に依頼してスマートキーを作成する
    鍵屋に依頼をした場合は、車が置いてある場所まで鍵屋が訪問して、その場でスマートキーを車に登録することになります。基本的にはその場で全て簡潔するので、スマートキーの在庫さえあれば当日中に復旧することが可能です。

    ポイント1鍵屋なら当日中にその場で鍵、スマートキーを作成できる

    また、スマートキーの登録費用はディーラーよりも高いですが、ディーラーと違ってレッカー代がかからないため、総額でいうとディーラーと同じぐらいの金額になることが多いです。

    ポイント2鍵屋に依頼するとレッカー代もかからず、ディーラーと同じぐらいの金額で鍵を作成できる

     

    ②とりあえず車を開けたい場合

    車の中の貴重品だけでも取り出したい、レッカー移動のために車を開けたい等の理由がある場合は、保険のロードサービスを使えないか確認し、対応できない場合はJAFと鍵屋を検討するのがオススメです。各社の詳しい対応内容をご紹介します。

    保険会社に依頼して開ける
    車の任意保険に加入している場合、鍵開けなどのロードサービスが無料で受けられる場合が多いです。近所の鍵屋が保険会社から依頼を受けて出動するため、比較的早く対応してくれる事が多いです。ただし、車の中に鍵があるインキーの場合のみ無料と規約がある保険も多いので、鍵が車内に一本も無い場合は、鍵開け作業をしてくれない場合があります。この場合は後述のJAFか鍵屋に依頼をして鍵を開けてもらうことになります。
    JAFに依頼して開ける
    JAF会員の場合は無料で鍵開けなどのロードサービスを受けることができます。JAF会員の場合はぜひ活用しましょう。JAF会員でない場合は有料で鍵を開ける事になります。難易度の高い鍵だと鍵開けできなかったり、開けるために数時間かかる場合がありますが、一般的な乗用車の鍵ならほとんどの場合問題なく開けてもらえます。
    鍵屋に依頼して開ける
    鍵屋に依頼をする場合、有料で鍵開けをしてもらう事ができます。鍵専門の業者なので、JAFで開けられないような難易度の高い鍵でも開けられることが多いです。

    ポイント3鍵屋ならJAFで出来ないような難易度の高い鍵でも開けられる

     

    エンジンがかかる鍵が一本でも有る場合

    エンジンがかかる鍵が一本でも有る場合

    エンジンがかかる鍵が一本でも有る場合は、出張鍵屋に依頼をすると費用が高くなってしまいます。ディーラーに依頼をするか、店舗に来店して鍵屋に依頼をする方がオススメです。

    ①スペアキーを追加登録したい場合

    スペアキーを作成する場合はディーラーに依頼をするのがオススメです。車のエンジンがかけられる状態なので、当日中の対応をする必要がなく、エンジンがかかる鍵が一本でもあればディーラーへの入庫も自分で出来るため、費用が安く済む可能性が高いからです。ディーラーと鍵屋の詳しい対応内容について以下でご紹介します。

    ディーラーに依頼してスペアキーを作成する
    ディーラーに依頼をすると、車体番号から鍵を発注して取り寄せてくれます。車体番号から鍵の情報が分からない場合などもありますが、その場合はディーラーに車を持っていくことで鍵の情報を調べてもらうことができます。スペアキーの場合は費用も鍵屋より半額程度の費用で済むことが多いです。納期に関しては数日から数週間かかる事が多いですが、エンジン自体はかけられる状態なので、緊急性はそこまで高くありません。
    鍵屋に依頼してスペアキーを作成する
    鍵屋に依頼する場合、当日中にスマートキーのスペアを作成してもらえる事が多いです。料金に関してはディーラーと同じか、少し高いぐらいの場合が多いです。ただし、出張で鍵屋にスペアキーの作成を依頼すると、出張費などがプラスされるため、ディーラーの方が安く済む場合が多いです。近くに鍵屋さんがあれば来店して詳しく話を聞いてみると良いでしょう。

     

    ②とりあえず車を開けたい場合(車の中にスペアキーがある)

    スペアキーは持っていても、車の中に置いたままになってしまっている場合は、まずは車を開ける必要があります。この場合は保険会社に依頼するのがオススメです。任意保険に加入していない場合や、保険会社が分からない場合はJAFや鍵屋に依頼することになります。以下で各社の対応についてご紹介します。

    保険会社に依頼して開ける
    車の中にスペアキーが有る場合は、保険のロードサービスで鍵開けをしてくれる場合が多いです。車の中にスペアキーが無い場合は、対応してくれない場合があります。
    JAFに依頼して開ける
    JAF会員の場合は無料で鍵開けをしてくれます。JAF会員出ない場合は有料での鍵開けになります。一般的な乗用車なら問題なく開けられることが多いですが、難易度が高い鍵などの場合は開けられなかったり、開けるのに数時間時間かかる場合があります。
    鍵屋に依頼して開ける
    鍵屋に依頼する場合、有料で鍵を開けることができます。JAFで対応できないような難易度の高い鍵などでも問題なく開けられる事が多いです。

     

    イモビライザー機能が付いている日産車は、鍵やスマートキーの作成費用が高くなる

    日産車の場合、車にイモビライザーという防犯機能が付いている場合があります。イモビライザーが付いていると、車のコンピュータに登録した鍵でないと、いくら鍵の形が合っていてもエンジンをかける事ができません。そのため、イモビライザー付きの鍵作成をディーラーや鍵屋に依頼をする場合、車のコンピュータを書き変えて、イモビライザーの登録をしてもらう必要があり、非常に難易度が高い作業になるので鍵の作成費用も高くなります。

     

    自分の車にイモビライザーは付いている?判別する方法

    自分の車にイモビライザーが入っているか調べる方法はいくつかあるので、ご紹介します。

    エンジンのスタート方式で判別する

    日産の車のエンジンのスタート形式は、大まかに鍵を回すタイプ、ツイストノブタイプ、プッシュボタンタイプの3種類があります。

    鍵を回すタイプ ツイストノブタイプ プッシュスタートタイプ
    鍵差し式 ツイストノブ式

    鍵を回すタイプとツイストノブタイプの場合はイモビライザーが入っているか、車種によって異なるので判別ができません。しかし、プッシュスタートタイプの場合はイモビライザーが入っています。

     

    車種、年式、型式で判別する

    車種、年式、型式が分かればイモビライザーが入っているか判別できる場合が多いです。以下のページで車種、年式、型式でイモビライザーが入っているか判別できますのでご確認ください。

    日産の車種別イモビライザー搭載状況

     

    グレードなどの情報が分からない場合は、日産のグレード検索で車体番号からグレードを調べることが出来ます。

    日産 グレード検索サービス

     

    セキュリティインジケータで判別する

    日産のセキュリティインジケータ

    イモビライザーが入っている車の場合、メーター回りにセキュリティインジケータがあります。こちらの鍵のマークのランプが点滅している場合は、イモビライザーが搭載されています。

    参考:イモビライザー(盗難防止装置)について – 日産

     

    鍵のタイプで判別する

    日産の鍵のタイプはおおよそ4種類あり、メタルキー、持ち手がプラスチックの鍵、キーレスリモコン、スマートキー(インテリジェントキー)があります。

     

    メタルキー 持ち手がプラスチックの鍵
    メタルキー 日産キーレスキー
    キーレスリモコン スマートキー(インテリジェントキー)
    日産キーレスリモコン 日産スマートキー

    この中で、メタルキーにはイモビライザーが入っていません。持ち手がプラスチックの鍵、キーレスリモコンはイモビライザーが入っている場合も、入っていない場合もあります。スマートキーの場合はイモビライザーが入っています。

     

    日産の鍵、スマートキーを作成するための費用

    ディーラーで作成する場合の費用と納期

    イモビライザーなしの鍵タイプの場合は5,000円~20,000円程度かかることが多いようです。イモビライザー機能付きの鍵タイプの場合は10,000円~30,000円前後、スマートキーの場合は20,000円~50,000円前後かかる事が多いですが、これらの場合はイモビライザーの登録作業をする必要があり、ディーラーの敷地内に車を運ぶ必要があります。そのため、費用にレッカー代が追加でかかってきます。鍵の種類や、適合するスマートキーの種類によって使用する部材が変わるため、料金には幅があります。

    納期は、イモビライザーなしの鍵式の物なら数日から1週間前後、イモビライザーありの鍵やスマートキーの場合は1週間~3週間前後で、かなり幅があります。

     

    鍵屋で作成する場合の費用と納期

    イモビライザーなしの鍵式の場合は15,000円~30,000円で対応できる場合が多いようです。イモビライザー機能付きの鍵の場合は50,000円~70,000円前後、スマートキーの場合は50,000円~100,000円前後かかる事が多いです。

    納期は基本的に依頼した当日中になります。

     

    ディーラーに依頼した場合、鍵屋に依頼した場合の比較

    ディーラーと鍵屋で費用、納期、対応内容で比較した表をご紹介します。

    費用の比較

    ディーラー 鍵屋
    イモビライザーなしの鍵タイプ 5,000円~20,000円 15,000円~30,000円
    イモビライザーありの鍵タイプ 10,000円~30,000円+レッカー費用 50,000円~70,000円
    スマートキータイプ 20,000円~50,000円+レッカー費用 50,000円~100,000円

    ※車の鍵が開いていない場合、ディーラーに依頼すると鍵開け費用が別途かかる場合があります。

     

    納期の比較

    ディーラー 鍵屋
    イモビライザーなしの鍵タイプ 数日~1週間前後 当日
    イモビライザーありの鍵タイプ 1週間~3週間前後 当日
    スマートキータイプ 1週間~3週間前後 当日

     

    対応内容の比較

    ディーラー 鍵屋
    当日中の復旧 ×
    スマートキーの作成
    メカニカルキーの作成
    車の鍵開け
    レッカー移動 必要 不要

    スマートキーの故障?よくあるトラブルと対応方法

    スマートキーの故障や電池切れ

    スマートキーが故障してしまった場合や電池切れをした場合、プッシュスタートボタンでエンジンをかけるタイプの車の場合は車を動かせずに困ってしまいます。そんな時でも日産車の場合は緊急でエンジンを始動する方法が用意されています。具体的には、ブレーキペダルを踏みながら、エンジンスタートボタンにスマートキーを近づけるとピピッとブザー音が鳴ります。ブレーキペダルを踏んだままブザー音が鳴ってから10秒以内にボタンを押すとエンジンが始動できます。

    日産車の緊急始動方法

    参考:日産 – エンジンの始動のしかた

    ドアを開けたら警報音のアラームが鳴る

    日産車はキーレスキーやインテリジェントキーのボタン操作でドアを閉めた後に、鍵穴に鍵を挿してドアを開けると警報音がなります。これは閉めた時と開けた時で開ける方法が異なるため、車上荒らし対策として警報音を出しています。音を止めたい場合はエンジンをかける事で止めることができます。

    日産の車種別スマートキー情報

    セレナのスマートキー

    セレナは3代目から(2005年~)イモビライザーが搭載されている可能性があります。

    3代目以降にはオプション装備でイモビライザーが付いており、スマートキータイプの場合はイモビライザーが必ず搭載されています。

    ルークス・デイズルークスのスマートキー

    ルークスは3代目まで発売されていますが、初代から3代目の全ての年式でイモビライザーが搭載されており、スマートキーシステムが入っています。初代は2009年~2011年に販売されており、ルークスという名前で、中身にはスズキのパレットの仕組みが入っています。2代目はデイズルークスになっており、中身には三菱EKスペースの仕組みが入っています。3代目は名称がルークスに戻っており、日産の仕組みが入っています。何代目のルークスかによって、スマートキーシステムが異なります。

    デイズのスマートキー

    デイズは2代目まで発売されています。初代から2代目の全ての年式でイモビライザーが搭載されており、スマートキーシステムが入っています。初代は2013年~2019年に販売されており中身には三菱EKワゴンの仕組みが入っています。2代目は2019年から2023年現在でも販売されており、中身には日産の仕組みが入っています。

    ノートのスマートキー

    ノートは3代目まで発売されています。初代(2004年~2012年)と2代目(2012年~2020年)のノートには、グレードによってイモビライザーが搭載されており、スマートキーシステムが入っています。3代目からはグレードに関わらずイモビライザーシステムが搭載されています。また、3代目からはイモビライザーのシステム自体がそれまでの日産システムとは異なるため対応できる業者は非常に少ないです。

    キューブのスマートキー

    キューブは3代目まで発売されています。初代(1998年~2002年)と2代目(2002年~2008年)のキューブにはイモビライザーシステムが入っておらず、スマートキーシステムはありません。代わりにキーレスキーシステムが搭載されている場合があります。3代目(2008年~2020年)からはオプション装備でイモビライザーが搭載されており、エンジンのスタート形式がプッシュスタートの場合はスマートキーシステムも入っています。鍵を回してエンジンをかけるタイプや、ツイストノブを回してエンジンをかけるタイプの場合はイモビライザーは搭載されておらず、キーレスキーシステムが搭載されています。

    エルグランドのスマートキー

    エルグランドは3代目まで発売されています。初代(1997年~2002年)のエルグランドにはイモビライザーは搭載されていません。2代目(2002年~2010年)と3代目(2010年~)のエルグランドにはイモビライザーが搭載されており、スマートキーシステムが入っています。エンジンのスタート形式がツイストノブタイプかプッシュスタート形式の場合はイモビライザーが搭載されています。

    マーチのスマートキー

    マーチは4代目まで発売されています。初代(1982年~1992年)、2代目(1992年~2002年)、3代目(2002年~2010年)にはイモビライザーは搭載されておらず、スマートキーシステム入っていません。4代目(2010年~)からはオプションでイモビライザーが搭載されており、イモビライザーが搭載されている車にはスマートキーシステムが搭載されています。4代目のキューブは前期と後期に分かれており、前期型の場合はエンジンのスタート形式が鍵式とツイストノブ式の場合はイモビライザーが搭載されていない事が多く、プッシュスタート型の場合にイモビライザーが搭載されていることが多いです。後期型の場合は、エンジンのスタート形式が鍵式の場合はイモビライザーが搭載されておらず、ツイストノブ式とプッシュスタート形式の場合にイモビライザーが搭載されていることが多いです。

    カギ本舗の作業事例

    作業事例1 日産キューブのスマートキー作製

    作業日:2022/04/11

    作業内容:エンジンスタートがプッシュボタンのタイプで、スマートキーを全て失くしてしまったということで、スマートキーの作成依頼をいただきました。プッシュスタートに対応したスマートキーを登録して完了です。

    費用:89,100円

    作業事例2 日産ノートのメカニカルキー作製

    作業日:2021/07/01

    作業内容:エンジンスタートがツイストノブタイプで、スマートキー作成のご依頼をいただきました。費用を少しでも減らしたいということで、イモビライザー付きのメカニカルキーを作成しました。

    費用:63,800円

    作業事例3 日産セレナの鍵作製

    作業日:2021/08/18

    作業内容:お客様からイモビライザーが入っているかもしれないという事で、鍵作製のご依頼をいただきました。現地で確認したところ、イモビライザー機能の無い一般的な鍵でエンジンがかけられるタイプだったため、そのまま鍵を削って完了になりました。

    費用:27,500円

    スマートキーを作成する時に必要な書類

    スマートキーを作成する際、ディーラーに依頼する場合も鍵屋に依頼をする場合も、書類が無いと受付をしてもらうことができません。ディーラーや鍵屋に依頼をする際に必要な書類は以下になります。

    依頼者 必要な書類
    車の名義人もしくは使用者 ・車検証
    ・車検証と名義が一致した身分証(免許証、パスポート、マイナンバーカード等)
    車の名義人もしくは使用者の家族 ・車検証
    ・依頼者の身分証(免許証、パスポート、マイナンバーカード等)
    ・車の名義人との関係を示す公的書類
    法人名義の車に乗っている従業員 ・車検証
    ・依頼主の身分証(免許証、パスポート、マイナンバーカード等)
    ・法人に所属していると証明できる社員証や名刺

    まとめ

    日産のインテリジェントキー(スマートキー)をなくした時の費用や納期について、まとめてみました。エンジンがかかる鍵が一本もない場合は鍵屋に依頼をした方がお得になる事が多いです。エンジンがかけられる鍵が一本でもある場合は、別の業者に頼ると安く済ませられる場合があります。それでも状況によっては対応できないと言われてしまう場合もあるので、その際はカギ本舗にご相談ください。

    Sending
    User Review
    4.29 (7 votes)
    The following two tabs change content below.

    藤原 正徳

    カギ本舗で作業員、兼作業員の教育を担当をしている藤原です。 皆さんの鍵のトラブルをいち早く、安心して解決できるよう取り組んでいます。日本ロックセキュリティ協同組合が検定をしている錠施工技師の3級認定技術資格者。

    よくあるご質問

    Q中古で買ったスマートキーを登録できますか?
    はい、対応可能です。ただし、技術的には可能ですが、お客様がご自身で購入したスマートキーは9割がた適合しないため、現地でトラブルになるケースも多々あります。日産のスマートキーは見た目が同じ製品が非常に多いのですが、中身の周波数やデータの形式が異なります。オークションサイトの出品者はこの中身の違いを理解していない事が多いので、こういったトラブルが発生してしまいます。現地に訪問して対応できないと無駄な出費に繋がるため、できるだけスマートキーの購入も私どもにお任せいただければ損なく対応できるかと思います。
    Qスマートキーの電池交換方法を教えてください。
    日産の以下のページで、電池交換の方法を紹介しております。こちらをご覧ください。https://www.nissan.co.jp/OPTIONAL-PARTS/NAVIOM/LEAF/OM/1112_CONTENTS/ze0-j01-d75a57e6-88a5-4e6d-8630-6cfbe4b7a640.html
    Qスマートキー、キーレスキーのボタンを押しても反応がありません。スマートキーが故障しているのでしょうか?
    スマートキーの電池がないパターン、車のバッテリーがあがっているパターン、車のヒューズが飛んでるパターン、スマートキーが故障しているパターンなど、複数の原因が考えられます。これらの切り分けがご自身で出来ない場合は業者に相談してしまった方が良いでしょう。カギ本舗でもある程度の切り分けが可能なので、困ったらご相談ください。
    Qスマートキーを使っていたのですが、スマートキーをなくしてしまいました。スマートキーを作成するだけの費用が足りないのですが、何か費用を安くする方法はありませんか?
    いくつか方法がありますが、エンジンスタートがツイストノブタイプの場合はスマートキーではなくイモビライザー付きの鍵を作製することでエンジンを始動できます。スマートキー代がかからないので数万円安くできる場合があります。また、後日スマートキーが必要になったら、今回作るイモビライザー付きの鍵があれば、ディーラーでスマートキーの追加登録が可能です。
    Qスマートキーに付属していたキーナンバーが分かれば、スマートキーの作成ができますか?
    キーナンバーはあくまで鍵の段差を表しているだけなので、スマートキーの作成はできません。現地に訪問して、スマートキーを登録する必要があります。

    記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです!