鍵屋の豆知識

鍵にまつわるお役立ち記事を掲載しています

家の鍵をなくした!探す手順と対処方法/プロが解説!交換までした方が良い場合
投稿日 2020.08.15
更新日 2020.08.15
【目次】

    家の鍵をなくすととても焦りますよね。しかし、焦っていると適切な判断ができなくてなかなか見つからないでしょう。まずは落ち着いて対処してください。そうすると意外と早く解決しますよ。この記事では鍵を探すときの手順、鍵を交換したほうが良い場合、そのときの費用などについて紹介します。対処方法を選択するときの基準になるので、ぜひ読んでみてください!

    家の鍵をなくした時の探す手順

    手順1 もう一度荷物の確認

    まずはもう一度、荷物の確認をしましょう。何度も確認したかもしれませんが、焦っていると見つからない可能性が高いです。一度深呼吸をして落ち着いてから探してくださいね。カバンが大きい場合や中身が多い場合は、中に入っている荷物を一度全て取り出してみましょう。何かに引っかかっていたり、荷物の陰に隠れたりしている可能性があります。カバンの内ポケットもチェックしましょう。また、無意識にいつもなら入れないところに収納していることもあります。洋服のポケットなども確認してみてくださいね。

    もう一度荷物の確認

    手順2 最後に見た場所をおもいだす

    荷物をよく確認しても見当たらなければ、最後に見た場所を思い出しましょう。家を出たときから一度も見ていないのか、それとも外出中に一度でも見たのかによって対処方法が変わります。外出中に見た場合は、どこで見たのかも思い出しましょう。落とし物が多い場所としては以下の場所があります。

    最後に見た場所をおもいだす
    ■玄関(玄関の棚)
    自分で鍵をかけていない場合は玄関に置いたまま家を出た可能性があります。

    ■トイレの棚・手洗い場
    貴重品を持ってトイレに行き棚に置いたり、手を洗うときに手洗い場に置いたりするケースが多いです。

    ■駅の構内・ベンチ
    電車を待っているときに落としたり、ベンチに座ってリラックスしているときに手から離れたりすることがあります。

    ■車の中
    車の中で落とすと、シートに挟まったりシートの下に入り込んだりして見つかりづらいでしょう。

    ■学校・会社のロッカー
    カバンをロッカーに入れたときに鍵がカバンから出て、気付かないまま帰宅することがあります。

    ■机・椅子の上
    会社やレストランの机に置いたことを忘れるケース、ズボンのポケットから出て椅子の上に落ちたことに気付かないケースが考えられるでしょう。

     

    手順3 可能性のある場所に連絡し届けられてないか確認

    最後に見た場所を思い出せたら、置き忘れてきた可能性のある場所に連絡しましょう。家の鍵はひと目見れば分かるものが多いので、拾った人が届けてくれているかもしれません。お店に置いてきたのであれば、一時的に店員が預かっていることも多いです。そのため、なるべく早く連絡しましょう。

    可能性のある場所に連絡し届けられてないか確認

    手順4 警察に遺失物届を出す

    なくした可能性がある場所に連絡しても見つからない場合は、警察に遺失物届を出してください。遺失物届というのは、物をなくしたときに警察署や交番に提出する書類のことです。都道府県によって内容などは多少異なりますが、氏名や住所、なくした物の種類や特徴などを記入します。提出方法は簡単で、24時間いつでも出せます。最寄りの警察署または交番に行って家の鍵を紛失したことを伝えましょう。そして書類に必要事項を記入すれば完了です。持っていかないといけない物は特にありません。この書類を提出しておくと、なくした物が警察署や交番に届けられたときに連絡が入ります。早く見つかることに繋がるでしょう。提出しなければ、警視庁のホームページに掲載されている遺失物のページを自分でチェックしなければいけません。毎日確認するのは面倒ですし、手間がかかりますよね。さらに、遺失物届を提出したときに発行される受理番号は、遺失物に対する保険を適応する際に必要なことがあります。よって、自力で見つけられない場合はすぐに提出することがおすすめです。

    警察に遺失物届を出す

    手順5 鍵を開ける方法を考える

    家の鍵がないままでは家に入れなくて非常に困るので、鍵を開ける方法を考えましょう。まず考えられる対処方法が、家族に連絡してスペアキーで開けてもらうことです。同居している家族がいれば最も楽な方法でしょう。一人暮らしの場合でも、家族が近くに住んでいてスペアキーを持っていれば対処可能です。しかし、遠くに住んでいたりスペアキーを持っている人がいなかったりすることも多いでしょう。そんなときは信頼できる鍵屋を探すという方法があります。

     

    鍵の交換をした方が良い場合の判断方法

    鍵をなくしても、たまたま拾った人が悪用して家に入ってくることは考えにくいでしょう。誰の鍵か、どこの家の鍵なのか判断できないためです。しかし、知らない人が自分の鍵を持っているかもしれないと思うだけで不安な方も多いでしょう。鍵を交換するかしないかで迷ったら、まずは鍵をなくした場所が特定できるかどうかで判断しましょう。お店や駅などで落として保管されていることが確認できたのであれば安心です。鍵が自分の手元に戻ってくるので、交換する必要はないでしょう。鍵が見つからない場合でも、なくした場所が家から遠ければ遠いほど、どの家のものなのか特定されるリスクが下がります。早急に交換する必要はないといえます。ただし場所が特定できなければ、どこで誰の手に渡って自分のもとに返ってきたのか分かりませんよね。不安要素が大きいので、交換を検討しましょう。

    次に、鍵を拾った人が特定できるかどうかで判断してください。店員や駅員、会社の人などが拾ったのであれば安心できるでしょう。特に、信頼できる身近な人やよく知っている人であれば安心です。連絡が取りやすいのですぐに手元に戻ってくるでしょう。ですが、特定できなければ怖いですよね。スペアキーを作られてしまう可能性も否定できないので、交換した方が良いといえます。

    ただし、以下のような危険な事例もあります。

    【なくしたのではなくて盗まれていた】
    自分ではなくしたと思っていたが実は盗まれていたという事例があります。特に、誰かとトラブルになった直後に鍵がなくなった場合は注意が必要です。ストーカー被害にあっている場合や、身の回りで気になることが頻発しているときも気をつけてください。最悪の場合、鍵を使って家に入られる恐れもあるでしょう。トラブルがなくても、知らないうちに恨みを持たれているかもしれません。疑いすぎると余計に不安になるかもしれませんが、少しでも気になる場合は早めに鍵を交換することをおすすめします。問い詰めるとかえって危険なので、思い当たる人がいても鍵については話さないようにしてくださいね。本当にその人に盗まれていたら逆上されるかもしれませんし、盗まれていなかったら疑ったことによる関係の悪化が考えられます。

    【名前や住所が分かるものと一緒に落とした】
    鍵だけを落としても所有者は分かりません。しかし名前や住所が分かると非常に危険です。たとえば、保険証などを入れているキーケースごと落としたという事例です。詳細な個人情報が記載されているので、悪意のある人に拾われてしまうと家の場所などを特定される恐れがあります。家に侵入することもできますよね。侵入されなかったとしても、鍵を持っていることを利用して脅されるかもしれません。

    【拾った人がスペアキーを作った】
    鍵を拾った人が特定できても、完全に安心できるわけではありません。無事に手元に戻ってきたとしても、勝手にスペアキーを作られているととても危険です。たとえ駅員や店員が拾ってくれたとしても信頼しすぎないようにしましょう。もちろんこれらの人が全員悪意を持っているわけではありませんが、1つの危険な事例として覚えておきましょう。

    このような危険な事例に当てはまる可能性は高くはないですが、ゼロでもありません。恐怖を感じながら生活するととてもストレスが溜まりますよね。鍵を交換すれば、これらの事例から身を守れます。少しでも不安な場合や気になる場合は、身の安全のためにも鍵を交換することがおすすめです。

     

    鍵屋に依頼した時の手順と鍵開け、鍵作成、鍵交換を依頼した時の費用

    ■鍵屋に依頼するときの流れ

    鍵屋に鍵開けや交換を依頼すると、以下のような流れで進んでいきます。複雑な手続きなどはないので安心してください。

    ① まずは電話する
    鍵屋に鍵開けや交換の依頼を決めたら、まずは電話しましょう。多くの場合ホームページなどに電話番号が載っています。鍵をなくす時間帯は人によって異なるので、24時間、365日対応してくれる業者が安心でしょう。

    ② 状況を説明する
    電話が繋がったら状況を説明します。家の鍵を紛失したことを伝えましょう。その時点でまだ鍵が見つかっていなくて鍵開けを依頼したい場合は、その旨を説明してください。また鍵交換も頼みたい場合はそのことも伝えましょう。さらに、合鍵を作成するかどうかも考えておきましょう。

    ③ 詳細な情報を業者に伝える
    次に、詳しい情報を業者に伝えます。具体的には、住所、氏名、連絡先、希望する作業日時、身分証の有無、対象の鍵の場所です。ただし、業者によってはこの他にも情報が必要な場合があります。また、解錠する際に身分証がないと作業できないため、どの身分証を提示するか相談しておきましょう。

    ④ 概算を聞いて、問題がなければ依頼する
    ただしあくまで概算なので、スタッフが現地に到着してから伝えられる見積もりと異なる可能性があります。また、作業内容や費用について分からないことがあれば、この時点で何でも聞いてみてください。依頼した後では直接聞きにくい場合もあるので、ささいなことでも尋ねて疑問を解消しておきましょう。特に問題がなければ、本格的に依頼します。なお、鍵開けが行われるときには身分証の提出を求められます。しかし、鍵と一緒に財布や荷物もなくした場合は提出できませんよね。その場合は鍵屋が対処法をきちんと教えてくれるので安心してください。

    ⑤ 現場で作業内容と費用を確認
    鍵屋が到着したら、スタッフが鍵の種類などを確認します。そして正確な見積金額が提示されます。このときに、もう一度作業内容と費用を確認してください。電話相談との大きな食い違いがないかをしっかりとチェックして、トラブルを未然に防ぎましょう。

    ⑥身分証の提示
    住宅の居住者であることを証明する書類を見せましょう。免許証や保険証+公共料金の支払明細などをご提示いただくことになります。

    ⑦ 作業後、お支払い
    作業が無事に完了したら、お支払いです。なお、支払方法は業者によって異なります。現金払いのみ可能な業者やカード払いも可能な業者があるので、ホームページや電話で確かめておきましょう。

    ■費用の相場

    ここで、各作業の費用の相場を紹介します。建物の鍵開けの費用相場は8,000円~、鍵交換は10,000円~です。そして合鍵作成の相場は5,000円~です。
    ただし、これらの費用は開ける鍵や取り付ける鍵のメーカー、種類などによって異なります。鍵の種類などが分かる場合は事前に伝えて、だいたいの費用を確認してください。

    ちなみに、加入している火災保険等によっては鍵トラブルに対して補償される場合があります。ただし保険会社によって補償範囲や補償金額などは異なります。たとえば補償範囲としては、鍵開けのみ補償されるケース、鍵交換も補償されるケースなどがあるでしょう。さらに、作業が30分以上かかると有料になることや、部品代は自己負担になることもあります。火災保険を適応させたい方は、保険会社にしっかりと確認したほうが良いでしょう。さらに、自分で業者を呼んで作業を行うと補償を受けられない可能性があります。
    多くの保険会社が特定の業者と提携していることが理由です。よって、業者に連絡する前にまずは保険会社に連絡することをおすすめします。その後どのように対応したら良いか教えてくれるでしょう。

    鍵をなくしてもパニックにならずにカギ本舗に相談してください!

    鍵を紛失すると多くの方がパニックに陥ってしまいます。しかしパニックになると、鍵がカバンの中などにあったとしても見つかりづらいでしょう。まずは慌てずに落ち着いて対処して、最適な方法を選択してくださいね。

    「カギ本舗」は、無料で相談を受け付けています。また、各拠点からスタッフを迅速に派遣致します。鍵トラブルでお困りの際は、是非ご相談ください。お待ちしております。

    Sending
    User Review
    0 (0 votes)
    The following two tabs change content below.
    Avatar

    藤原

    カギ本舗で作業員、兼作業員の教育を担当をしている藤原です。 皆さんの鍵のトラブルをいち早く、安心して解決できるよう取り組んでいます。

    よくあるご質問

    Q鍵を開けてもらいたいのですか、提示できる身分証が無い場合はどうすれば良いでしょうか?
    身分証が何らかの理由でご提示いただけない場合は、警察官に立ち会ってもらって解錠することができます。 事前に警察官に立ち会えるか相談する必要がありますので、お電話でご相談いただく際に身分証がない旨ご相談ください。 作業開始予定時間が決まりましたら、お客様から警察官に立ち会いの依頼を出していただくことになります。

    記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです!