地域別防犯対策

鍵にまつわるお役立ち記事を掲載しています

茨城県古河市の防犯情報に強い鍵屋です
投稿日 2020.08.16
更新日 2020.08.16
古河市の防犯情報に強い鍵屋です
【目次】

    古河市は古い城下町で、歴史と伝統のある味わい深い街並みが特徴です。夏の花火大会は周辺地域からも多くの人が訪れ毎年賑わっています。人の出入りがある地域なので、それなりの犯罪被害があります。鍵開けや鍵交換など専門的な作業の問い合わせは、地域の防犯情報が役立ちます。鍵屋が手提供するプロの防犯情報をぜひ役立ててください。

    古河市の防犯傾向

    茨城県の空き巣等侵入盗被害の認知件数は年間2000件前後で、窓からの侵入が多い傾向にあります。のどかな気質のある土地柄であるため、換気などの意味で窓を半開きにしていたり、施錠せずに少し外出するという人も少なくありません。そのため、まずは人が出払う時には窓やドアの施錠をきちんと確認しておくという習慣づけが重要になります。侵入をする際にある程度時間がかかる、音が鳴る、手間がかかるなどの要素があると犯人は諦めることが多いため、窓ガラスにフィルムを貼って割れづらくする、ドアを二重カギにするなどそもそも入りづらいという環境を作ることは非常に効果的な対策と言えます。

    また、センサーや防犯カメラなどどのような動きがあったのかを記録できる装置を合わせて設置しておくと万が一侵入された場合にも犯人への足掛かりとして大いに役立ちます。防犯対策をする際には、警戒する意識と共にそうした複合的な設備を活用できるようにすると手が回り切らないところも監視しやすくなって便利です。特に子供や高齢者がいる家庭では見守りも含めてカメラ設置を役立てることも可能ですから、鍵と同時に刷新していくといったことはとても効果的に機能する場合があります。

    古河市の防犯情報を知りたい

    古河市の刑法犯発生は古河市ホームページで確認すると、侵入盗は県内で少ない比率ですが自転車盗が多いという傾向があります。公共交通機関の代わりに多くの人が活用しているからです。どのような対策が出来るのかという防犯情報は防犯対策ページにも書いてあるので、一読しておくことをお勧めします。基本としているのは周辺住民とも連携した地域での防犯対策です。周囲の目を常に光らせておくことでそもそも侵入しづらい、自転車を持ち出しづらいという環境を作ることがとても効果的だからです。地域が平穏であるかそうでないかに関わらず、自転車の防犯登録をしておく、侵入盗対策としてドア窓の施錠を徹底して管理することも推奨されています。人力で難しかったり、確認がおろそかになりがちという場合には、鍵のプロによるオートロックの設置なども便利ですし、有効に機能します。

    Sending
    User Review
    0 (0 votes)
    The following two tabs change content below.
    Avatar

    藤原

    カギ本舗で作業員、兼作業員の教育を担当をしている藤原です。 皆さんの鍵のトラブルをいち早く、安心して解決できるよう取り組んでいます。

    記事が参考になりましたら、シェアしていただけると嬉しいです!